ゲームってフシギ。

Call of Duty eスポーツ ざっくりルール解説

f:id:SchmehI:20210713175613p:plain


 

昨今ゲームは娯楽だけでなく、eスポーツとしてあらゆるタイトルで世界中を盛り上げています。

 

皆さんの注目しているeスポーツゲームはありますか。

 

今回は僕が注目している『Call of Duty』シリーズのeスポーツについて書いていこうと思います。

 

まずは僕とCoD eスポーツとの出会いといったことは置いておいて...

 

まだ観たことがない人に向けて一人でも大会観戦してくれる人が増えることを願って、

 

どういったゲームなのか『ルール』を中心にざっくり説明していこうと思います。

 

これを読んでぜひ『Call of Duty プロ対抗戦』を観戦していただきたいです!!

 

よろしくおねがいします。

 

 

さいしょに

 

まず前提としてCoD eスポーツは通常のルールと違い、競技用に調整されたルールのもとで戦うことになります。

 

競技プレイヤーではない人たちが普段オンラインで遊ぶものに、武器や装備マップやプレイヤー人数等を調整したものが『eスポーツ ルール』ということになります。

 

具体例をあげると、

 

通常は6対6ですがeスポーツルールでは4対4になります。

 

ショットガンやライトマシンガンは使用禁止です。

 

採用モードは「ハードポイント」「サーチ&デストロイ」「コントロール」の3つ。

モードの詳細は後ほど。

 

3つのモードは

HP→S&D→CTR→HP→S&Dの順番で最大5試合行います。

 

先に3試合取ると試合勝利です。(BO5)

 

その他細かい禁止事項等がありますが、とりあえずここらへんを抑えておけばいいです。

 

各種モードの説明

 

さてここからは先程書いた「ハードポイント」「サーチ&デストロイ」「コントロール」の説明をしていきます。

 

 

ハードポイント

 

CoDeスポーツで最も激しくそして最もCoDらしいと言えるルール。

 

撃ち合いが激しく慣れない人はついていけないと思ってしまうかもしれませんが、ルールはシンプルです。

 

60秒毎に移動するエリアを占拠し、先に250ポイントに到達したチームの勝ちです。

 

言葉にするとややわかりにくいですかね。。。

 

f:id:SchmehI:20210713173125p:plain

これがエリアです。枠線が引いてあります。

 

メジャーなタイトルで例えると、スプラトゥーンの「ガチエリア」のエリアが移動する感じと言えばわかりやすいですかね。どうだろう...。

 

エリアを占拠する」というのは、そのエリアに自分のチームの人だけがいる状態にするということです。

 

人数は関係なく、たくさんエリアにいるからといってたくさんポイントが入るわけではありません。

 

占拠している秒数分ポイントが入っていきます。

 

つまり先に合計250秒エリアに居ればいいということです。

 

ついてこれていますか?

 

ちなみにエリアの出現場所、移動する順番は決まっています

1→2→3→4→5→1→2....といった感じでローテーションしていきます。

 

f:id:SchmehI:20210713175242j:plain

1は飛行機の中、3は飛行機の下です。

 

敵にエリアに入られないように、そして自分たちがエリアに入るために激しく撃ち合いが発生するスタンダードなモードと言えるでしょう。

 

 

 

サーチ&デストロイ

 

爆破ルールというやつです。

 

このモードは先程のハードポイントとは違って、ジリジリ様子を見ながら戦うモードです。

 

そうなる理由は復活できないからです。

 

このモードはラウンド制で、先に6ラウンド取ったチームの勝ちです。

 

ラウンド毎に攻撃側防御側に分かれ、やられてしまうと次のラウンドまで復活できません。

 

攻撃側は爆弾を持って指定されたAorBに爆弾を仕掛けます。

その爆弾が爆発すると勝利です。(爆弾は45秒で爆発)

 

f:id:SchmehI:20210713172808p:plain

爆破ァァァァァ!!

防御側は攻撃側に爆弾を仕掛けられないように妨害し、爆弾を仕掛けられたらそれを解除することで勝利です。

 

そして復活できないということで攻撃側も防御側も敵を先に全滅させることでも勝利できます。

 

お互いの作戦や読みがぶつかり合うため、撃ち合いというよりかは頭脳、心理戦といった側面が強いモードです。

 

個人的に一番観たいモードですね。

 

コントロール

 

こちらはハードポイントとサーチ&デストロイが混ざったようなモードです。

 

復活回数が有限で1チーム30回まで復活できます。

 

そしてこのモードも3本先取のラウンド制で、攻撃側防御側に分かれて戦います。

 

攻撃側は制限時間内に指定された2つのエリアを占拠する。

(エリア移動なし、一つのエリアを奪うと制限時間が1分伸びます)

 

防御側は制限時間中エリアを奪われないよう阻止する。

 

もしくは相手を全滅させる(復活できなくする)

 

これが勝利条件です。

 

このモードの「エリアを占拠する」というのはハードポイントとは少し違い、

 

自チームの人だけがいる状態にするということは変わりませんが、

 

このようなゲージがあり、このゲージを満タンにしなければいけません。

 

f:id:SchmehI:20210713172248p:plain

 

攻撃側がエリアを占拠しているとゲージが伸びていき、逆に防御側が占拠しているとゲージが減っていきます。

 

しかし1/3、2/3と区切りがあり、この区切りまでゲージが伸びると、防御側が占拠していてもそれ以下まで減ることはありません

 

つまりチャンスがあるということです。

 

そしてハードポイントと違って、たくさんエリアに人がいる分ゲージが速く動きます

 

3つの中ではややこしいルールですが、最初はハードポイントのような撃ち合いがあり、後半になるにつれてやられないように慎重に動く場面も増えてくるといった感じで観ていただければ良いかと。

 

緩急があり、最後までどうなるかわからないルールでもあります。

敵を全滅させるのか、それともエリアを奪い切るのか。

ここが注目ポイントなのではないかと。

 

さいごに 

 

いかがでしたか。

 

かなり長いし、難しかったかもしれません。

 

ですが公式大会の配信は実況、解説の方がすごくわかりやすく、かつ見どころは盛り上げてくれる(騒いでくれる)ので、ルールはざっくり把握しておく程度で構いません。

 

CoDの魅力はスピーディで激しい撃ち合いです。

 

結局これが強いチームが強いので、画面に映ってる戦いの行方を見るだけで楽しめます。

 

気になった方はYouTubeで「Call of Duty BOCW プロ対抗戦」で検索してみてください。

 

そして7月25日のプロ対抗戦SUMMER Day4 & グランドファイナルも観戦してください!!

 

現在Libalent Vertexが公式大会10連覇中です。

 

そして今大会もDay3まで終えて全勝中

 

11連覇なるか、それとも阻止するのか。

 

観たくないですか?観たいですよね!

 

観れば良いんですよ。

 

はい。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

 


www.youtube.com